知らぬ間にフラッシュモ部が地上波デビューしてた話

時は2013年8月27日。

早稲田に一つのサークルが誕生した。

完全なノリと勢いで作ったサークル「フラッシュモ部」が苦節5年で地上波デビュー!

(僕はなんもしてないんだけどね!)

今の後輩達が本当によく頑張ってくれている証です。

ちなみにツイッターでは「フラッシュモブ」がトレンド入りもしていました。

ここまで世間を騒がせるまでになったんです。

構図単純ゆえにシンプルにかっけえ問題

まじで老害すぎるんだけど嬉しさ爆発!!!

「おっさんずラブ」のこの構図めっちゃ格好良くないですか?

もうね、家で6回巻き戻してそこだけ動画で切り取って永久保存版動画作っちゃいました。

そして何より誇らしいです。

テレビに出たことじゃないです。

こんなに楽しそうに踊っているもう名も知らない後輩たちがです。

5年前、呼びかけても全然練習に来なかったバラバラの小さな小さなサークルが企画を通して少しずつ少しずつ団結して、みんなで積み重ねた結果です。

描き方・フラッシュモブ・同調圧力

テレビなので、ドラマなので、そこには必ず演出の意図があります。

テレビにも正義があるし、フラッシュモブを行う者にも正義がある。

今回はフラッシュモブが同調圧力に使われるというような演出で描かれていました。

ツイッターでエゴサしてみてもフラッシュモブそのものが嫌いな人も一定数いるという事が如実にわかります。

特に現役代の子達こそ、その事を肌で感じているんじゃないかな。

でも、今フラッシュモブという既成概念を変える力を秘めていて、

その文化の最前線で闘っているのは

「早稲田大学フラッシュモ部」の君たちなんだ。

なので、僕たち初代が行ったフラッシュモブの概念やルールにとらわれちゃあいけない。

もう君たちは僕らの100倍かっこいいし、クールだ。

老害の言うことなんて気にしなくていい。

「あ、じゃあ西江さんが偉そうにブログで語っているのイタイから読むのやーめよ」

うん、それでいい。それでええねん!!!

それに、同調圧力だ!なんて一蹴してしまう人間の言うことなんて気にしなくていい。

だって全員に好かれるなんて無理だ。

どんな文化でも、どんなに偉い人でもそこにはぜってえそれが嫌いなやつがいる!

でも、それだけフラッシュモブが注目されている証だ。

どうせ誰かに嫌われるならせめて自分の好きにやっちゃえばいい。

という事をひたすら伝えたい!!!

文化に従うなかれ、文化を創るべし!

もう僕たちの想像できないスピードで成長し、挑戦しつづける熱い後輩達に勇気をもらいました。

ありがとう!

そんな愛すべきフラッシュモ部へのご依頼は以下までお願いします。(勝手に宣伝しちゃった☆)

早稲田大学フラッシュモ部

たくさん依頼が来ますように。

 

 

西江健司をフォローする







ABOUTこの記事をかいた人

自由なサラリーマンになる為のライフハック情報を発信中。 受験ブログが受験ブログランキング1位になり著書『引きニートコミュ障、偏差値28から早稲田に行く』を出版。 LINEスタンプ『お寿司ですが何か?』『意識低い系キリン』なども発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です