ボードゲーム『カタン』が最高に面白い

明けましておめでとうございます。

最近は3年も住んでいた愛する早稲田から代々木上原への引っ越しでバタバタしてブログをすっかりサボっていました笑

そんな新居である代々木上原ハウスで先日ボードゲームパーティを開催。

その時に遊んだボードゲームは『カタン』!

は!?なんじゃそれ。

って思わずツッコミたくなるくらいダサいネーミングの響きですが、ゲーム自体は半端なく面白いのでご紹介します 。

カタンとは

1995年にドイツで産まれたカタンはなんと現時点で世界累計で1500万個も売れているボードゲームなんです!(うん。箱に書いてあった)

時は大航海時代。未知の世界を求めて旅立った探検家であるあなたは、長くつらい航海の果てに無人の島に辿り着きます。
そこは広大な大地に豊かな資源が眠る「カタン島」と呼ばれる未開の島。
しかし、その島に辿り着いたのはあなただけではありません。新天地を夢見る開拓者たちが次々とカタン島に上陸し、島を開拓しはじめました。
あなたは大地に眠る豊富な資源を活用し、街道を敷き、開拓地を作り、それを大きな都市に成長させます。必要な資源を得るためには、他の開拓者と交渉をし資源をトレードする必要もあるでしょう。
カタン島の支配者になれるのは、もっとも早く開拓を進めた一人だけ。さあ、資源と知恵を上手く活用し、自分の運を信じて、カタン島の開拓競争へ乗り出しましょう!

引用:カタン取り扱い説明書

もう読んだだけでロマンがあふれるッ!!!ふぁっきんあめーじんぐ!

このカタンというゲームはざっくり言うと

島で資源を集めて、開拓地を作っていく

という至ってシンプルであめーじんぐなほど面白いゲームです!

見て下さいこの開拓者たちのニヤついた悪い顔(ライアーゲームのヨコヤとか福永みたいな顔してやがる)

そう、このゲームは資源となるカードを集めて開拓地を増やすのが目的なので、開拓地が増える時には自然とこのようないやらしい笑みがこぼれてしまうのです。

初心者や子どもでも勝てる

このゲームの最高な点は初心者でも子どもでも勝てるという事です。

よっしゃー!!!!!!

というのもサイコロを使うので、運の要素もあるのです。

なので、周りの人がやっていて「え、今更…」と思っても全然間に合います。

サクッとルールを覚えて、カタンの世界に入っちゃいましょう!

大人数でプレイできる

カタンは通常版だと3人から4人でプレイできます!

拡張版を買えば5〜6人までプレイ出来ます!↓(ホームパーティに最適)

こうやって人数に合わせてプレイ出来るという優れもの!

ここで問題点が…

ここまでメリットを語りましたが、なんとこのカタン一回やると1セットで1時間を超えることもしばしばあります。

なので、時間に余裕がある人が集まってやらないといけません!!!

あと面白すぎて夜に始めると気がついたら朝までオールしていたという「カタンリープ」がしばしば起こりますので、翌日に予定がある人は気をつけてプレイしましょう!

中毒者も…

お分かりいただけるだろうか…

ビールを買ってきてといっただけなのに、とある後輩は「カタンカタンカタン!」という意味不明な返信。

ここまで人間を変えてしまうとは…カタン恐るべし…

 

西江健司をフォローする







ABOUTこの記事をかいた人

リベラルで自由なサラリーマンである『リベリーマン』になる為の情報を発信中。 受験ブログが受験ブログランキング1位になり著書『引きニートコミュ障、偏差値28から早稲田に行く』を出版。 LINEスタンプ『お寿司ですが何か?』『意識低い系キリン』なども発売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です